次の大会に向けて今からすべき『SSPT』

スキルコーチのYutaです。

 

今、実は新しいソックスのサンプルを頂き
使用しているのですがなかなかいい感じです🔥

 

インターハイが終わりましたね!

 

数試合しか観れなかったのですが
クリニックに行かせて頂いた学校が

 

何校か出場していて
その学校同士が対戦するなど

 

今回は激アツな夏でした!

 

しかし、結局優勝出来るチームはたった1つ。
全国でたった1つの学校以外は悔し涙を流すのです。

 

もし負けたとしても
自分たちのベストを尽くして

 

悔いのない勝負が出来たら
最高だなと思います。

 

次の大会で最高なパフォーマンスをするためにも
『今』から準備する必要があります。

 

今からすべき『SSPT』とは

  1. SCOUTING スカウティング:自分たちのチームを『対戦相手』目線で分析する
  2. SHARE シェア:チームとして共有する
  3. PLANNING プランニング:分析したレポートをまとめて、トレーニング計画を立てる
  4. TRAINING トレーニング:実際に課題を克服するためにワークアウトをする

 

 スカウティングをしよう!

皆さんは相手の対戦相手の事を
どのくらい分析しているでしょうか?

 

私が聞いた限りでは
ほとんどの学校がスカウティングを
深くしていません。

 

ということは?

 

スカウティングをみっちりするだけで
他チームと大きく差を生み出すことが出来ます。

 

  • A選手ドライブの確率は?
  • 得意なフィニッシュのムーブは?
  • どこのスポットから打つのが一番確率が低い?
  • どういうシチュエーションでファールするタイプ?
  • A選手はボールを持ったらすることトップ3は?
  • 焦った時にどうなるタイプ?
  • 得意な事は?
  • 苦手なことは?

まだまだありますが
これをしっかりと分析するだけでも

 

対策の仕方がガラっと変わります。

 

何年もあと少しのところで負けてしまう
なんて事があればこれらを

 

一人一人がスカウティングすることで
これらの情報をもとに対策を練ることができます。

 

シェア:

スカウティングした内容を
チームで共有しましょう。

 

一人だけ対策を練っても
バスケはチームスポーツ。

 

全員が共通認識をもって
どういう対策をするかを考えます。

 

これはコーチとプレーヤーで
全員でミーティングを持つといいでしょう。

 

保護者にも協力してもらう必要があれば
(遠征を増やすなど)保護者を含めたミーティングもおすすめです。

 

プランニング

 

スカウティングが出来たら
プランニング(計画)をしましょう。

 

スカウティングしたことに関して優先順位を決め

 

絶対に取り組むべきことと、
そうでないことを振り分けていきます。

 

絶対に取り組まなければならないこと
TOP3を決めて、それらは必ず達成出来るように
計画を立てましょう。

 

OFでもDFでも、個人スキルでもチームスキルでも
いいんです。とにかく、勝つために克服しなければならない
TOP3を徹底していきます。

 

トレーニング

プランニングが出来たら
トレーニングを初めましょう。

 

チームの課題と個人の課題
両方あるはず。

 

日々の限られた中で
どういうトレーニングをするのか。

 

どんなスキルを身につければ
目的を達成出来るのか?

 

それを見据えて
コツコツと日々少しずつ
ワークアウトしていきます。

 

ま、どうせやらないチームがほとんどですけどね

このように情報をアップしても
やらないチームが99%でしょう。

 

それほどまでに
コツコツと改善して練習することは
難しいことなんです。

 

でもそれができれば?

 

あと一歩で目標に届かない。
何かの壁にぶち当たっている。

 

そんな方は
是非試してみて下さい。

 

必ず結果はついてきますから。

 

 

本気な人の為の

ゼロから積み上げるオンラインバスケ塾

 


 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuta

日本生まれアメリカ育ち。 ストレングスコーチの経験を経て現在スキルコーチ。 #スキルIQ と#スキルクオリティをテーマに 選手とスキルコーチの育成をします。

Enable Notifications    OK No thanks