RISE Basketball

ロサンゼルス拠点: バスケスキルトレーナーが、バスケ最強のアメリカの育成方法をご紹介します。

ラスベガスのNBAサマーリーグに行ってきました!

NBAサマーリーグとは?

NBAの登竜門であるサマーリーグ。

サマーリーグとは、既にドラフトされた選手や、Gリーグ(NBAの下部組織)の選手、海外からスカウトされて来た選手などが参加し、シーズン開始のロスターに残るために必死で自分をアピールするトーナメントのようなものです。

今年の注目はもちろん、ドラフト1位でペリカンズでドラフトされたザイオン・ウィリアムソン。初戦はルーキーとは思えない圧倒的な身体能力で周りを圧倒しましたが、膝の怪我で残りの試合は欠場。残念ながら観ることは出来ませんでした。

 

ハイレベルな4人の日本人がサマーリーグに参加!

今回のサマーリーグはそんなサマーリーグに3人も参加することが出来ました。その中の一人はもちろん皆さんご存知の八村塁選手。ワシントン・ウィザーズから1巡目の9番目にドラフトされた選手です。他にも、アルバルク東京の馬場選手、そして宇都宮ブレックスの比江島選手、最後に筆者オススメの渡邊選手です。



4人の選手が参加しましたが、やはりそこはハイレベルなサマーリーグ。活躍できる選手とそうでない選手に分かれてしまいましたが、日本人でもやれる可能性は見せてくれました。

筆者は残念ながら、観戦しに行った日は渡邊選手も怪我をしているとの事で残念ながらプレイを観ることは出来ませんでした。

でも今回のサマーリーグの人気者!タコ・フォールを観てきた!

さて、今回の最も注目のザイオンが怪我で出場出来なくって話題をかっさらったのはタコ・フォール!実は彼はドラフトには引っかからなかたのですが、身長が2m31cmもあり尚且動ける超大型センター。彼が試合に入ると常に歓声が起こって盛り上がってました。

YOUTUBEにハイライトが上がってるのでそちらを是非御覧ください。こんな大きい選手が目の前に来たら、誰もがひるんでしまいますね。



 

まとめ

 

皆さんも来年のサマーリーグを観に行ってみてはいかがでしょうか? 当日でもチケットは買えますし、そのチケットで丸一日観戦できます。しかも空いていれば一番前の席(コートサイドではありませんが)から!!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuta

日本生まれアメリカ育ち。 ストレングスコーチの経験を経て現在スキルコーチ。 #スキルIQ と#スキルクオリティをテーマに 選手とスキルコーチの育成をします。

Copyright© RISE Basketball , 2020 All Rights Reserved.