RISE Basketball

ロサンゼルス拠点: バスケスキルトレーナーが、バスケ最強のアメリカの育成方法をご紹介します。

【解説】ハーデンのサイド・ステップバック/60秒練習専用

スキルコーチのYutaです。

 

ハーデンのムーブは本当に1on1に
適していて、使うようにしたら
かなり1on1が楽になりました。

このステップは相手との距離を一瞬で
作れるのでシュートが打ちやすいので
オススメ。

ブログの最後に動画もあります。
もし読むのが面倒であれば
最後の動画だけ見て下さい。

※60秒練習専用動画は、Youtubeで
動画を流しながら一緒に練習する
ツールです。

 

【ハーデン/サイド・ステップバック】アタックからのシュート/60秒練習専用 #バスケ

 

このハーデンのステップは、
横にズレてDFとの距離を作れるので
シュートがブロックされにくい。

 

練習する時に抑えておきたいポイントとステップ

 

step
1
左ドライブ

  • 左に行き、右にいく素振りがないように
    仕掛ける。
  • スピードは6-70%で自分のコントロールが
    完璧に出来るスピードで行う。

 

step
2
ストップ→レッグスルー

  • ストップから右レッグスルーして
    右に行く“フリ”を出来るだけ上手く。
  • ここのリアリティで相手の
    かかり具合が決まる。

 

step
3
サイド・ステップバック

 

  • レッグスルーでボールが地面についた
    瞬間に右足で地面を蹴り、サイドに
    ステップバック。
  • 右足に体重を一瞬乗せることと、
    右ドライブ体勢のまま横にズレるのがコツ

 

step
4
クロスステップ・ギャザー

  • トラベリングと疑うが、右足が
    クロスしたこの時点ギャザー完了
    0ステップの0)なのでOK。
  • クロスステップをすることで
    距離が出る

 

動画でイメージをつかむ

では、今の内容を踏まえて
動画をご覧下さい。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuta

日本生まれアメリカ育ち。 ストレングスコーチの経験を経て現在スキルコーチ。 #スキルIQ と#スキルクオリティをテーマに 選手とスキルコーチの育成をします。

Copyright© RISE Basketball , 2020 All Rights Reserved.