1on1が上達したければこの3つを順番通りに練習!

スキルコーチのYutaです。

 

今日は雨の中
筋トレをしました。

 

さて

 

1on1を強くなる為に
皆さんはどう練習していますか?

 

バスケの中でも
最も大切なスキルですが

 

1on1そのものが強くなる
方法って習わないですが

 

今回は1on1が簡単に強くなれる
3つの練習要素をご紹介します。

 

  1. ジャブ/ドリブルからのプルアップを打てるようになる
  2. シュートを囮にしてドライブをする
  3. カウンター技を覚える

 

 

 

① ジャブ・ドリブルからのプルアップジャンパーを打てるようになる

 

打てない選手は怖くない!

 

1on1が強いプレーヤーになる為に
最も必要な

 

シュート力。

 

トリプル・スレットから
ジャンプシュートを打ったり

 

ドリブルからプルアップを打ったり

 

まずはその場から【打つ】事を
練習しましょう。

 

言い換えれば
外のシュートを打てるように

 

ということですね。

 

外からのシュートが打てないと
DFに離されてしまうので

 

抜けなくなってしまいます。

 

富樫選手。スイスイ抜けますよね。
ナゼか?シュートが打てるからです。

 

ステファン・カリー。スイスイです。
ナゼか?シュートレンジが恐ろしく広いからです。

 

打てないとどうなるか?

 

下がられたら
あとはゴール下の勝負になるので

 

まずは外のシュートを
練習しましょう。

 

②シュートを囮にしてドライブ

 

外のプルアップが打てるようになれば
自然とDFは前に詰めてきます。

 

そうすると今度は

 

楽勝に
抜けるわけです。

 

プルアップを囮にした
ポンプフェイクなどを使い

 

シュートを打つぞ打つぞと
匂わせながら

 

ドライブ!

 

DFはシュートを警戒して
腰も浮いているので

 

抜きやすいです。

 

 

③カウンター技を覚える

 

ドライブしても止められる事が
あります。

 

しかし、ここで焦っては
いけません。

 

止められたら
逆を攻めればいいんです。

 

右に止められたら
左へ切り返す。

 

前に入られたら
止まってシュート。

 

などなど

 

止められた時の
シチュエーションを想定して

 

そのカウンター技を
身につけておきましょう!

 

自分がどういう風に
止められることが多いか?

 

それを踏まえて
止められたあとの

 

ムーブ(技)を
予め練習しておきます。

 

 

たったこれだけで1on1が上達する!

 

あら不思議。

 

これだけで
1on1が上達します。

 

おそらく

 

普通だったら
まずはドリブルでズレを作って

 

ドリブルで崩して
そこからジャンプシュート!

 

みたいに

 

考えるのでは
ないでしょうか?

 

まずは

 

その場から高確率で入る
シュートを身につける。

 

それからドライブです。

 

バスケは

 

『アドバンテージを積み重ねていく』
ことでDFが後手になります。

 

DFにとっての最も脅威は
点を決められること。

 

最初にドリブルをされるより
(ドリブルは直接点に繋がらない)

 

シュートを狙われる方が
怖いんです。

 

でもでもでも

 

シュートが入れば!

 

という条件付きです。
入らないのに外から打っても

 

どうせ外れるから打たしとけ~

 

なんてなったら
意味がないですよね。

 

 

まずはシュート。

 

どんどんシュート。

 

最後におさらいです。
1on1が上達したければこの3つを順番通りに練習!

 

それは

 

  1. ジャブ/ドリブルからのプルアップを打てるようになる
  2. シュートを囮にしてドライブをする
  3. カウンター技を覚える

 

そしてちょっと付け加えるなら

 

カウンターの後のフィニッシュ!
これも大事ですね。

 

でも今回は

 

勝てる1on1の構成を
お伝えしてく

 

このような3つに
絞りました。

 

やってみてくださいね。

 

 

 

 

 

もっと色々なスキルに関して詳しく知りたい方は
以下のオンラインアカデミーがオススメ。

 

現在は、1on1初級編が始まっています。
このブログよりももっともっと詳しく

 

解説しています。

 

 

興味ある方は↓コチラをクリックする

オンラインアカデミー詳細

 

まずは無料がいいという方はコチラ↓(無料記事です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuta

日本生まれアメリカ育ち。 ストレングスコーチの経験を経て現在スキルコーチ。 #スキルIQ と#スキルクオリティをテーマに 選手とスキルコーチの育成をします。

Enable Notifications    OK No thanks