RISE Basketball

ロサンゼルス拠点: バスケスキルトレーナーが、バスケ最強のアメリカの育成方法をご紹介します。

ハンドリングに欠かせない【ポケットドリブル】をより実戦的にするための練習

ボールハンドリングの最大の基礎。ポケットドリブル

このドリルはこんな方におすすめ

  • 抜くときにボールを取られそうで不安
  • ディフェンスに対しての反応が速くなりたい
  • ディフェンスからのプレッシャーに弱い

ボールハンドリングドリルというのはドリブルやシュートなどが上手くなるために行う様々なボールを扱う技術のトレーニングのことを言います。そのボールハンドリングのスキルトレーニングの中で『ポケットドリブル』と言うものがあります。

ボールハンドリングの必要性についてはこちらから読んでみて下さい。

ポケットドリブルは以前の記事にも書きましたが、ボールを自分のポケットの位置に引いて後ろでキープすることによって、ディフェンスから取られにくくするためのドリブルの方法です。試合では必ず必要なドリブルになります。今回の記事では、ポケットドリブルを実際に試合や1対1の場面を想定してダイナミックな動きの中で練習が出来る方法をご紹介したいと思います。

試合でポケットドリブルを使えるようになるためにはどうするのか?

試合で使えるようなドリルにするためには、試合と似たようなシチュエーションを作り出す必要があります。試合に似たシチュエーションとは?それは、外部からの刺激を増やすことです。試合と個人練習の一番の大きな違いは、

『外部からの刺激』に対して反応しないといけない=試合

『外部からの刺激』をシャットアウト出来る=個人練習

要するに、試合中に練習した成果を出すには他人が周りにいるので環境の変化(ディフェンスや味方の動きなど)に対して必ず対応しないといけないという部分にあります。

外部からの刺激を意識した【ポケットドリブル+ボールタップ】

外部の環境の変化に反応してポケットドリブルが出来るようになる必要がありますね。外からの何かしらの刺激に対して反応してドリルで練習したものを瞬時に発揮する必要があります。ここではポケットドリブルがテーマですから、ポケットドリブルを瞬時に外部からの刺激に反応してできるようにしなければなりません

ポケットドリブル+ボールタップ

このドリルでは、パートナーと一緒に行うことにより外部からの刺激を加えます。パートナーもドリブルをしているプレイヤーが簡単すぎず、でも難しすぎないようにほどよく調節することを心がけましょう。

  1. パートナー(スキルコーチ)がボールをオフェンスのオフハンド側に投げます。
  2. オフェンスはパートナーが投げてきたボールを手のひらで弾き返しながら、同時にポケットドリブルの体勢に持っていけるようボールをコントロールします。
  3. さらにポケットドリブルの体勢に持っていったら、その瞬間に前方へ進みドライブをシュミレーションします。

ポイント: まずボールを投げることで外部からの刺激をプレーヤーに与えます。ボールが飛んでくると言う状況(ディフェンスの手をシュミレーション)に対して、まず反射的にボールを払いのけるためのオフハンドの使い方、払いのけた瞬間にボールをポケットの位置に入れて守ると言うドリブルの技術、そしてそれと同時に前にドライブに行くと言う3点の癖付けがこのドリルのポイントになります。

このドリルを行うためには、そもそもポケットドリブルができていることが前提にあります。もしポケットドリブルが正しくできないようであればこのドリルはやめて、ステーショナリー(動かずに)のポケットドリブルを練習しましょう。

動画で学ぶ。

 

View this post on Instagram

 

ポケットドリブルをより実戦的に。ディフェンスに取られないドライブの基礎【ポケットドリブル+ボールタップ】 *english ver. on the bottom 日本から @jingsheng24 の弟くんが来てくれ、数日のトレーニングをしました。春から高校生。頑張って欲しいですね! ポケットドリブルは自分の腰の位置にボールを引いて戻すドリブル。これはディフェンスにボールを触られないようにするためですが、静止したままのポケットドリブルでは物足りません。今回はパートナーと一緒により実戦的なポケットドリブルをご紹介します。 ①パートナー(スキルコーチ)がボールをオフェンスのオフハンド側に投げる ②オフェンスは来たボールを弾いたと同時にポケットドリブルへ ③さらにボールはポケットに入れつつ体は前方へ進む(ドライブ) ポイント ✔オフハンドの手は肘を外に向いて手のひらが外を向く ✔弾く+ポケット+ドライブ が全て同時に一連の動作で起こる How to keep the ball away from the defense when you go to drive 【pocket dribble + ball hitting】 pocket dribble is where you draw the ball back to your pocket to keep the ball away from the defender, however stationary pocket dribble is not enough to use it in the game. Have a partner or coach to help you do more game like drill. ①Coach will toss you the ball towards offhand while you are dribbling ②reach out your off hand and hit the ball back with your hand ③Go forward like you drive ✔offhand should simulate the arm swipe ✔hitting+pocket+drive should occur simultaneously #バスケ #ミニバス #バスケ部 #NBA #アメリカ #トレーニング  #スキルトレーナー #インスタグラム #instagood #fitness #basketballskills #unseenhours #無駄なスキルは教えません #質を高める #男バス #女バス #ballislife #handlife #バスケ好きな人と繋がりたい #detailsmatter #bリーグ #basketballneverstops #ロサンゼルス #akatsukifive #外部コーチ #バスケットボール #instaballer #オールスター #クリニック #ドリブル #ハンドリング #スキルキャンプ

RISE Basketball Academyさん(@riseasbasketball)がシェアした投稿 -

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuta

日本生まれアメリカ育ち。 ストレングスコーチの経験を経て現在スキルコーチ。 #スキルIQ と#スキルクオリティをテーマに 選手とスキルコーチの育成をします。

Copyright© RISE Basketball , 2020 All Rights Reserved.