コロナ禍に出来るバスケットボールの練習

コロナ禍は何をしたらいい?

 

スキルコーチのYutaです。
コロナ禍で体重の増減が激しいです。

 

さて

 

インスタグラムで沢山の
メッセージを頂きます。

 

その内容とは

 

『コロナなので体育館が
使えなくなりました。この期間に
出来る練習を教えて下さい』

 

コロナになって

 

『体育館が使えない=普段の練習が出来ない』

 

との図式が
皆の頭の中にあり

 

 

どうしたらいいかわからない
選手や指導者たちがとても多いです。

 

 

『チーム練習が出来ない=何をしたらいいかわからない』という現実

 

 

『コロナ禍でどう練習したらいいかわからない』という相談がSNSを通して沢山来ます。

これはチーム練習に殆どの時間を費して、個人練習の経験が少ないというバスケ界の現状を表している気がします🤔

 

 

日本のバスケ環境が如何に
個人スキルとフィジカルトレーニング

 

を教えていないかという
事実を露呈しているのです。

 

実は

 

個人スキルも
フィジカルトレーニングも

 

家や公園で出来ます。
(やる気が出るかは別として。。。)

 

でも体育館が使えなくなると

 

それ以外のやり方を
多くの子供たちが

 

知らない。

 

アメリカではこのコロナになり
公園でスキルトレーニングをしたり

 

公園にダンベルやゴムバンドを
持ち出して、トレーニングをする

 

そんな光景を
自然と見かけます。

 

なぜなら

 

『個人』としてトレーニングする
方法を皆知っているから。

 

それは、チームで教えられていたり
周りの大人が多少でも教えている。

 

『個人』の能力を伸ばす練習法を
多くのプレーヤーが知っている。

 

とても大事な事ですね。

 

 

コロナ禍は個人練習に時間を費やす

『コロナ』を理由に練習の仕方が
わからないのだとしたら

 

それは

 

今までに『個』を伸ばすことに
意識がいっていなかった証拠。

 

チーム練習が出来ないなら
個人練習をするしかないよね

 

っていうだけの話なわけです。

 

でも個人練習って?
どういう事をしたらいいの?

 

今までチーム練習の経験しか
ないのであれば

 

指導者もプレーヤーも
戸惑ってしまいますよね。

 

戸惑っている皆さんに
ガイドラインをご紹介します。

 

 

コロナ禍にオススメのバスケットボール練習

 

コロナ禍でも出来ることは
沢山あります。

 

確かに『やる気』に関しては
半減してしまうかもしれません。

 

体育館でバスケがしたいし
対人がやはり楽しい。

 

でも、

 

今は個人練習に時間を
費やすしか

 

方法はないのです。

 

オススメの個人練習を
ご紹介します。

 

 

①ボールハンドリングで左右差をなくす

 

ボールハンドリングは公園や
家庭によっては室内でも可能です。

 

普段では時間をかけることのない
利き手ではない方の

 

ドリブルを強化をして下さい
左右同じように使えるように。

 

右で出来ることは
左でも出来るように。

 

右手パス

左手パス

 

両方出来るように。

 

それだけに集中する期間が

なかなかないですが

 

試合には絶対に活きます。

 

しかも

 

利き手で出来る事は

やり方を知っているので

 

新たな知識はいりません。

 

 

②強くて正確なパス

 

パスを徹底して練習出来ますね。
友達がいれば出来ますし

 

ボールを当てて良い壁さえあれば
簡単に練習出来ます。

 

  • チェストパス
  • ツーハンドバウンスパス
  • ワンハンドバウンスパス
  • フックパス
  • オーバーヘッドパス

これらのパスを

 

  • 正確に
  • 強く
  • 速く

 

出す練習をしましょう。

 

筋力強化&体力強化

 

もし筋力強化をしたければ

 

ゴムバンドの購入を
オススメします。

 

理由は

  • 安い
  • 持ち運び簡単
  • 場所取らない

 

様々な自重トレーニングに負荷を
かけることが出来ます。

 

  • スクワット
  • ランジ
  • 腕立て伏せ
  • ノルディックハムストリングカール
  • カーフレイズ
  • 逆立ち
  • シングルレッグスクワット
  • 懸垂
  • スーパーマン
  • 自重のローイング

 

これはほんの一部で
その他にもまだまだ沢山ありますが

 

日頃から筋力トレーニングを
あまりしていないのであれば

 

自重とゴムバンドで十分なほど
身体の強化が出来ます。

 

体力強化は

 

基本的にインターバル系を
おすすめします。

 

長距離はバスケの体力とは
相反するものであり

 

バスケに本当に活かしたければ
短距離を走って止まってを繰り返す

 

インターバルトレーニングが
バスケの体力つくりにあっています。

 

これは

 

フットワークトレーニングとも
相性がよく

 

 

フットワークとインターバルは
同時にすることが出来ます。

 

 

 

 

④シューティングフォームの見直しと、シュート確率を計算

 

公園や外でゴールに
アクセスがあるのであれば

 

2ptと3ptの

  • 両コーナー
  • 両ウイング
  • 両エルボー
  • トップ
  • フリースロー

合計15箇所

 

 

まずは各スポット20本程
シュートを打ってみて記録をつけ

 

自分の得意なスポット
自分の苦手なスポット

 

両方探してみましょう。

 

 

チーム練習ではなかなか

 

ゆっくりシューティングを
して確率を記録する時間は

 

おそらく無いと思うので
そういう機会にするのがいいですね。

 

 

確率の低いスポットを
練習して伸ばすのか

 

苦手なスポットを
改善するのか

 

それはあなた次第です。

 

⑤試合動画の分析

 

自分の試合、もしくは相手チームをじっくり
分析したことのあるプレーヤーは

 

少ないのではないでしょうか?

 

見るポイントとしては

 

  • OFの戦術やプレイ、傾向
  • DFの戦術やプレイ、傾向
  • シュートのチャート(ホットスポット、コールドスポット)
  • 右/左ドライブの確率
  • フェイクへのかかりやすさ
  • どういうプレイでファールを取られる・取るか
  • 勝負ところでのムーブ
  • ディフェンスローテーションの弱点

 

対戦するであろうチームの
動画をみっちりみて

 

対策を練ってみましょう。

 

 

⑥自分の動作分析

 

自分の個人練習を撮影してみます。
今まで気づかなかった

 

癖や
間違った動き

 

なぜか上手く出来ない理由が

 

客観的に観ることで
明確にすることが出来ます。

 

動画に撮って見返すと

 

『あ~自分ってイメージしてた
動きと違う動きをしている』

 

と気づくことになります。

 

動画を観て

 

イメージと現実のギャップを
埋めることにより

 

さらに上達することが
出来ます。

 

注目するポイントは以下の通り

  • 得意な動きは何か?
  • 苦手な動きは何か?
  • バランスが崩れる瞬間はいつか?
  • 連動が上手くいかない部分はどこか?
  • どうしたら改善出来るのか?
  • 怪我に繋がりそうな動きはないか?
  • お手本の動きと比べてどう違うのか?

 

 

⑦個人の課題や目標設定

 

自分自身を知ることは
今後成長するために必要ですね。

 

目的地(ゴール)へたどり着くには
現在地(今の自分)を知る必要が

 

あります。

  • 自分の強み
  • 自分の弱み
  • 短期目標
  • 長期目標
  • 絶対に伸ばすポイント
  • 絶対に直すポイント
  • チームに貢献するためには?
  • プレーヤーとして成長するには?

 

 

 

というように

 

コロナ期間中に
出来ることは山程あります。

 

誰かトレーニングパートナーを
みつけて

 

ちゃんと感染対策をしながら
『個』のトレーニングに

 

時間を費やしてみては
どうでしょうか?

 

必ず

 

コロナが明けて
チームに合流したときに

 

今まで以上に
いいプレイが出来るはずです。

 

 

 

自分や指導している選手に
ガイドラインが必要なときは

 

プレーヤー評価シートこちら

 

オンラインで本格的にスキルトレーニングを学びたい方は

 

RISE ONLINE ACADEMY + IG バンドル

インスタグラムを利用した RISEオンラインアカデミーでは
スキルとバスケIQを詳しく解説しています

入会はコチラ

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yuta

日本生まれアメリカ育ち。 ストレングスコーチの経験を経て現在スキルコーチ。 #スキルIQ と#スキルクオリティをテーマに 選手とスキルコーチの育成をします。

Enable Notifications    OK No thanks